top news work portfolio profile blog contact
▽▽▽▽▽▽▽▽
by タナカマコト
SKY CIRCUS(スカイサーカス)に行ってきました。
やっとこさ、池袋のサンシャイン展望台 SKY CIRCUS(スカイサーカス) に双子で行ってきました!


出産のため切り絵をしばらくお休みする前の1つの大きなお仕事であったため、

我が子を抱いて見に行けた時の嬉しさたるや…!!!


スタッフさんがひくぐらい写真撮りまくりましたよ。


可愛い大きかった〜〜
c0334656_12033370.jpg
(全体的なイメージは丸(マル)であります)
c0334656_12033670.jpg
c0334656_12035029.jpg
(母さんのテンションに戸惑いつつも喜ぶ我が子)
c0334656_12010980.jpg
(でんさんの顔もまん丸や…運命だったのね)
c0334656_12042777.jpg
(鏡とかにも切り絵デザインが施されているのです。可愛い)


で、テンションが上がったのでスカイサーカス内のカフェでもらったレシートで切り絵しました。
c0334656_12032966.jpg
空の上のサーカスをイメージ。


アトラクションも面白くて大満足でした。

c0334656_12045702.jpg
でんさんがもうちょっと大きくなったらまた行きたいな。

▼▼もし良かったら日々のことをインスタに投稿しております▼▼



[PR]
# by macototanaka02 | 2017-05-22 12:34 | 出来事 | Comments(0)
切り絵で作る【赤富士】と【命名紙】
c0334656_16150587.jpg
5月某日、奇しくも私と同じ誕生日、

無事、3240gの元気な女の子を出産いたしました。

顔がまん丸で、でん六の豆菓子に似ていることから「でん六さん」と呼んでいます。

可愛くて可愛くてしゃーない毎日。

皆様、これからは親子共々、どうぞよろしくお願いいたします。

-----------------------------------------------------------------

さてさて、私が妊娠中からやりたかったことの1つに

【陣痛中に赤富士を描く】

というのがありました。

これは、イラストレーターのboojilが教えてくれたもので、

「陣痛中に妊婦さんが赤富士を描くと、それをもらった人は子宝に恵まれる」

というもの。


私も、boojilが必死こいて描いてくれた赤富士をもらった時、大変感動したので、

いつか私も妊娠したら赤富士を描きたいな…と思っていたのでした。

(その時の記事はこちらから)


で、せっかくだから私は切り絵で赤富士を作ろう!と思い立ち、

入院バッグの中に赤い紙とハサミを入れ、

準備万端でその日を迎えました。


私は予定日超過だったため、予定日の1週間後に促進剤を打っての出産だったのですが、

促進剤を打ってから30分後。

陣痛が始まりました。

「あっ…痛い…」

そう感じると、即座にハサミと紙を持ち、

陣痛の波と同時に必死こいて赤富士を制作。
c0334656_16134459.jpg
陣痛が収まると、ハサミと紙を置き、フゥーッと一休み。

30分程、そうしながら赤富士を大量生産していきました。

赤富士を送りたい友人達の顔を浮かべながら、
(子宝以外にも、恋愛運もupするとのこと)

「あと1人分…ぐらいは…作りたァアダダダダダダダッッ!!」

いきなり本陣痛がやってきました。

もうこれはもう何て言うか、

「赤富士なんて作ってる場合じゃねぇッ!この野郎ッ!!」という感じです。


その後、2時間という超スピード安産ででん六さんを出産したのですが、

ま、それはまた別の機会に。
(思い出したら感動で泣けてくるので)


で、その時に作った赤富士達です。
c0334656_16135801.jpg
じゃじゃーんッ。
c0334656_16135239.jpg
c0334656_16135697.jpg
一人一人、表情が違います。
c0334656_16414295.jpg

私、後で知ったのですが、赤富士にプラスして【太陽】も描かなきゃならなかったみたいです。

c0334656_16134677.jpg
よって、太陽に見せた背景は自宅で制作しました(笑)

ご利益は…大丈夫!きっとあるよ!!

普段、日頃から助けてもらってる友人達に配送いたしました。


さてさてもう1つ、妊娠中に切り絵で制作していたもので【命名紙】がありました。

産まれる前から名前を決めていた我々は、予定日超過でやることが無かったため、

命名紙を母性フル稼働で制作。
c0334656_16143763.jpg
文字も全て切り絵で制作いたしました。

本当は編み物とかやってみたかったんだけど、やっぱり私は切り絵でした(笑)

c0334656_16134233.jpg

成長したでん六は、これを見て何を思うかな。

こんなにも「父ちゃん母ちゃんは待ち遠しかったんだよー!」ってこと、分かってくれるかしら。

もし良かったら、日々のことをinstagramで呟いております。


[PR]
# by macototanaka02 | 2016-06-02 16:56 | 切り絵 | Comments(0)
ご報告
気付けばもう12月半ば…。

ラジオで年末のスペシャル企画が次々と放送されております。

耳が忙しいったらありゃしない。

長いことblogを放置しておりましたが、私、水面下で色々と制作しておりました!

今回、初めてのジャンルのプロジェクトに色々と携わらせていただいており、

やっとこさ、落ち着いたと言う感じです。

皆様にご報告出来るのは年明け…になりますかね?!

とても待ち遠しいです。うしし。


さてさて今回は、個人的な報告をさせてください。


ということで、もうすぐ妊娠6ヶ月になります。

どうしてもこっそり動画を撮りたかった…うふふ。

妊娠を一番待っていてくれた両家の両親に報告する際、気合い入れてビックリ箱まで制作していったのに、

字が小さかったためか両家とも箱を開けて、目シバシバ。しばしの沈黙。

期待していた「わぁー!」とはいきませんでしたが、それも良い思い出となりました。
c0334656_16520556.jpg
(ま、字、小さいわな!)


さてさて、妊婦生活 早5ヶ月になりますが、周りのママになった友人から聞いていた

「つわりの時期は偏食になるよ…」
「へそ周りに毛が生えるの…」
「乳首が黒くなっちまうよ…」

などなど、一通りの体の変化は順調に経験していっておりますよ。

つわりってこんなに辛いんですね…ゲェゲェ。


しかし中でも【妊娠したら乳首が黒くなる変化】。

まだ目が見えにくい赤子がママのおっぱいを見つけやすくするためだと言われていますが、

どうして神様は、赤子の目の方を見やすくしなかったのでしょうか…

何故よりによって乳首の方を黒くしてしまったのか。


風呂場で自分が鏡に映る度に衝撃が走ります。
c0334656_16493425.jpg

今後は自分の体調と相談しながら、夫に助けてもらいながら、妊婦生活を歩んで行きたいと思います。


そしてもう1つ。

「出産する前に個展やりたいなぁ」とうっすら考えておりましたが、

タイミングよく2月に京都で個展をすることが決まりました。ヤッター!

(初)東京脱出どすぇ。

今、必死に作品を制作しております。

詳細はまた後ほど。


それでは皆様、今後ともどうかどうかよろしくお願いいたしますー!!

タナカマコト
c0334656_17535889.jpg
お守りにしようッと。



[PR]
# by macototanaka02 | 2015-12-19 17:32 | 出来事 | Comments(1)
勝手にミッションインポッシブル
こないだ、夫と映画【ミッション インポッシブル/ローグ・ネイション】を観に行った時のことです。

平日だったのと、公開からかなり経っていたこともあって、200席のスクリーンに対して観客は私達を含めて15名程でした。

最近の私は、映画鑑賞中にトイレに立つことがあるため(歳なのか)、

その時はあまり尿意を感じなかったのですが、念のため始まる前に半券を持ってトイレへ。
c0334656_00441189.jpg
入り口とは逆に階段があるのを見つけ、そっちの方が近かったため、その階段を降り、突き当たりの扉を何の迷いもなく押し開きました。

今思えば、ちょっと、いやかなり重い扉でした。

c0334656_00471514.jpg
入るとそこは真っ暗で、きっとその先に扉があって、まぁ、光と音をもらさないための二重構造なんだろう…とグングンと前進。

で、扉が閉まった瞬間、目の前が壁であることに気付いたのです。

c0334656_00483424.jpg
「あ、あれ??」

ここ出口じゃないの?間違えちゃったのか…やだー!私ったらうっかりさん!

引き返そうとしたその時でした。


扉が開かないのです。

c0334656_00522018.jpg
押して入ってきたその扉に取っ手はなく、どんなに引っ張っても開かないのです。

c0334656_00530189.jpg
私の周りが一気に暗闇になりました。

皆様、夜の自分家の部屋の電気を全部消して暗くなったところを想像してください。


その100倍!!いや1000倍!!!!

暗いの!漆黒!闇!!!!!!!

自分の手も何ーも見えない漆黒の世界なのであります。

恐怖と焦りが一気に襲いかかりました。

「あ、あれ?えーと、どうしよ…」

わざと独り言の声を大きくし、必死に扉の間(あいだ)に手をかけて引こうとしますが、

まぁー!うんともすんとも微動だにしない扉。

「あ、そうだ、夫に連絡…」

ハッ!

私、席に着いた瞬間にスマホの電源を落としてバッグの中に入れたのを思い出しました。

c0334656_00575462.jpg
何、ウキウキして準備してんだよー!自分ー!

ヤ、ヤバい…いよいよヤバい…!!!!

私、意を決して大声を出してみました。

c0334656_01052715.jpg
「す、すいませーん!ちょっとー!すいませんけどー!!」

………。

薄ーく、扉の向こうで聞こえるCMの音。防音バッチリ。

CMの音でこの音量なんだから、私なんかの声が観客に届くはずがありません。

私、もう、うわー!みたいな感じで扉を拳でドンドンと叩きました。

c0334656_01110416.jpg
「あのー!すんませんー!ちょっとー!誰かー!!!!」

…………。

何の反応もありません。

ウソ……

私、ここで2時間弱いなきゃいけないのか…

い、いや、もっと前に夫が異変に気付いて来るでしょう…

でもあいつ、私のいない間に、ここぞとばかりにポップコーンに集中しているに違いない…
c0334656_01163262.jpg
ポップコーン食ってんじゃねぇーよ!!気付けよ!!!オルァァア!!!

夫に、とばっちりの怒りの矛先を向け、扉を叩き続けました。

1分…2分程、叩いたでしょうか。

何ら変わらない現状で、私はとあるカルト教団の話を思い出しました。

「真っ暗な部屋でずっとジャンプしていると1分も経たない内に上下の感覚が分からなくなり、気が狂ってしまう」

……ヤバイヤバイヤバイヤバイーーーーー!

私、今日の日付を呟きながら、パニックにならないようにと自分を落ち着かせました。

c0334656_01354747.jpg
(※以前どっかで聞いた金縛りにあった時の解き方)

「にせん!じゅうごねんの!くがつ!はちにち!ようかとも言う!」

大声で言いながら、思いっきり蹴りも入れました。

その時でした。

ちょっとだけ、片方の扉がババンッと揺れたのです。
c0334656_01420067.jpg
だぁぁああぁッ!」

その瞬間を見逃さなかった私。

扉の隙間に手を入れ、「ぅうぅおぉりゃあぁあーー!」と扉をこじ開けました。

c0334656_01455843.jpg
デ、デ、デーデ!デ、デ、デーデ!

ミッションインポッシブルのあの曲が脳内再生されましたよ。

さながら私、レベッカ・ファーガソンでしたよ!

c0334656_01470250.jpg
もしかしたら5分もいなかったかもしれません。
(体感的には10分ぐらいに感じたんだけど)

でもとにかく怖くて怖くて、光が差し込んで来た瞬間、

私は腰が抜け、扉のすぐ出たトコでヘタヘタ〜と這いつくばってしまいました。

そして、急に手が震え出しました。
c0334656_02111356.jpg

少し落ち着いて振り返ってみると、扉には【非常口】と書かれ、

その下には【入らないでください】と書かれていました。


……ちゃんと書いてあるね……私のせいだね…。


私はヘナヘナした足に力を入れ、階段を上がり、客席の方をチラリと見ました。

観客全員もチラリと私の方を見ました。

c0334656_02054322.jpg
これ、皆、気づいてるのかな…?いや、気付いていないのか…?

皆の視線が【さっきからうるさかったの、あなた?】という意味なのかどうなのか確信が持てず、

私はうっすーら会釈&微笑を浮かべ、声にならない声ですみませーん…と呟き、席に戻りました。

ポップコーンを見ると、やはりかなり減っていました。


映画後、夫に聞いてみると「いや、何かドンドンって音は聞こえて、お客さんも「ん?」って感じになってて、俺は工事かなぁ…迷惑だなぁ…ぐらいにしか思ってなかった」とのことでした。

c0334656_02093973.jpg

映画は面白かったのですが、まぁでも、ほとんど心ここにあらず。
c0334656_02100814.jpg
今回の経験で得た教訓。

【現代人と言われようが、スマホは肌身離さず持ち歩こうね】

以上です。

ありがとうございました。

[PR]
# by macototanaka02 | 2015-09-12 09:00 | 出来事 | Comments(0)
(山)本山【回文を作ろう】
今回のあいうえおblogは()で

山本山】についてです。

最近ヒマで、更新頻度ちょっとだけ上がってますわよ…ふふふ。

-----------------------------------------
昔のCMで、今でも覚えているフレーズがあります。

「上から読んでも山本山、下から読んでも山本山」


子供なら誰しも「えー!下から読んだら 'まやともまや' じゃん!」と文句を言っていたと思います。

かくゆう私もその一人。

このCMが流れる度に、トシエ(母)に詰め寄っていた気がするなぁ。

さて、私はこのCMがきっかけで【回文】という言葉遊びを認識しました。


で、最近TVで、やたらテンションの低いロナウドが出ているのを苦々しい思いで見ていた時、

【どうなろとロナウド】という回文を思いつきました。

日本のTVナメやがって…とクサクサしていた私の心は、
その回文を思いついたことにより、ほんの少しだけ幸せな気持ちになりました。

回文って、すばらしい。

そこで、私、ちょっと本腰を入れて考えてみました。

ここでいくつか紹介させていただきます。


【気高い富山にマヤとイカだけ】
c0334656_12344508.jpg
ちょっと無理くり感否めませんが、初心者なので堪忍してください。


【りえに笑うと、浦和にえり】
c0334656_12451729.jpg
これ、なかなか上手くないですかね?


【「よしな!「加藤茶?ちゃう!」とか無しよ」】
c0334656_12460126.jpg
これは、関西ローカル番組の企画会議での一コマ。

加藤茶のすごさを知らない新人ADの発言に先輩Dが諭している様です。


【叶のラブか、ブラのうのか…】
c0334656_12465437.jpg
c0334656_12475142.jpg
え、えーっと、これは、

叶姉妹を愛することは大変そうだけど

ブラジャー姿の神田うのを愛するのも大変だよという…モニョモニョ…

…すみません。もうちょっと練りたいと思います。


さぁ、皆さまもレッツ回文!

[PR]
# by macototanaka02 | 2015-07-27 12:54 | あいうえおブログ | Comments(0)